解体工事分離発注をするとローンが組めない?

未分類

前もって行動を始めれば、解体工事のローンは比較的借りやすい傾向にあります。

しかし、解体工事分離発注をしてしまうとローンが組めないという話が囁かれています。 本記事では、解体工事分離発注とは何か、そして解体工事分離発注をするとローンが組めなくなるという話の真相についてまとめていきます。

解体工事分離発注とは?

解体工事分離発注とは、依頼人が専門の業者に直接解体工事を依頼することを言います。

解体工事の後、建て替えまで行う場合、その一連の流れを全てハウスメーカーや工務店が請け負ってくれることがほとんどです。

しかし、こうした業者は解体工事を下請け会社に任せているケースが多く、トラブルの元になりやすくなっています。

そんな問題を回避するために、依頼人が信頼があると感じた業者に解体工事を直接依頼します。

解体工事分離発注をするとローンが組めない?

この話は本当?

結論から言うと、分離発注をすると住宅ローンは組めません。

分離発注という考えが注目を集めるようになったのが、実は比較的最近で、解体業者が個人のお客様との取引の実績が少ないため、社会的な信頼が低いのが現状です。

そのため、分離発注に適応した住宅ローンは存在しません。

では、どうすればローンを組めるの?

住宅ローンに関しては分離発注に対応していませんが、プロパーローン(無担保ローン)であれば、住宅に限るローンではないため、融資が可能です。

しかし、プロパーローンは融資期間が最短でも2週間かかってしまうため、ローンを組む場合は早めに動き出すようにしましょう。

ローンは手間がかかるし、クレジットカードじゃダメ?

基本的に、解体工事の支払いは現金が主流で、クレジットカードといったキャッシュレス決済に対応していない解体業者がほとんどです。

資金的に不足がある場合は、ローンで借り入れる選択肢を必ず視野に入れておくようにしましょう。

ちなみに、自治体によっては補助金が出るところもあるようなので、一度調べてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

解体工事分離発注は、ハウスメーカーなどに解体から建て替えまで一括して依頼はせず、自身で解体業者を選んで解体工事を依頼することを意味しています。

工事そのもののメリットが大きい反面、ローンを組むとなると、用途を問わないプロパーローンでないと借りれないことに注意が必要です。

解体工事分離発注を視野に入れる場合、住宅ローンは組めないことは覚えておくようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました