住宅ローンとプロパーローンの違いは?

未分類

解体工事を行う場合に、一番大きな問題が資金面だと思われます。

最も一般的な方法がローンを組む方法で、ローンの中でも色々種類はありますが、住宅ローンを組む方法とプロパーローンを組む方法が挙げられます。 本記事では、解体工事を行う時のローンで主に用いられる住宅ローンとプロパーローンの違いについてまとめていきます。

住宅ローンとプロパーローンの違い

住宅ローン

住宅ローンは、住宅を新築する際や中古住宅を購入する際に使えるローンです。

根本的な話をすると、家を解体する時というのはこれに該当しないため、解体工事を行うと同時に、新築を立てる場合でないと利用できません。

これがプロパーローンとの最大の違いです。

基本的には、住宅が完成して初めて融資を受けられることが多いため、解体工事で費用の受け取りが遅くなることを懸念して、解体業者が避ける場合もあります。

利用する際は、まず解体業者に相談するようにしましょう。

プロパーローン

一般的には、住宅ローンを組む時には保証会社の保証が必要となります。

これもプロパーローンとの違いなのですが、プロパーローンの場合はこういった保証会社の保証は必要ではないため、保証会社の審査基準を気にする必要はありません。

代わりに保証人や連帯保証人は立てておく必要があります

つまり、そういった人づてがないとプロパーローンで契約するのは難しいです。

ここまで2種類のローンを見てみると、どちらも十分な下調べをしてからでないと上手く借りられなかったり、解体工事業者から避けられたりとリスクを伴います。

他のローンはどんなものがある?

他には、フリーローンや空き家解体ローンなどがあります。

フリーローンは住宅に限らないローンである分、融資額は少ないものの、解体工事をする分には十分な金額が借りられます。

空き家解体ローンは、空き家問題を地方創生で解決しようと作られたローンのため、非常に借りやすいローンとして有名です。

これらのローンも検討して見てもいいかもしれませんね。

まとめ

住宅ローンとプロパーローンとで、どちらの方が借りやすいというのはありませんが、住宅ローンは解体工事だけの場合だと利用はできず、利用できても解体業者から避けられるリスクがあります。

プロパーローンだと保証会社が必要ない分保証人や連帯保証人を立てるための人脈が求められます。

どちらもリスクが少なからずあるローンであるため、フリーローンや空き家解体ローンと見比べつつ、自分の状況と照らし合わせて最適なローンを組むように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました